腸閉塞かなという疑いがあった場合は今すぐ病院に行きましょう

微笑む医者達

病気を知る

腸閉塞という病名を聞いたことはありますか?がんなどと比較すると全く有名な病名ではないので、どんな症状がでるのか危険性があるのかなど知らない人も少なくないでしょう。
腸閉塞とは、食べた後の内容物が腸に詰まってしまう病気です。
腸が詰まっているので、お腹の張った感じや膨満感が症状として現れます。
その他には、内容物が口から出てしまうという症状も考えられます。
腹痛があり、便秘気味で嘔吐の症状がある場合は、腸閉塞かもしれないと疑った方が良いかもしれません。

腸閉塞になる原因を考えてみましょう。
まず、原因は外側にある場合と内側にある場合があります。
外側にある場合は、腸が圧迫されてねじれていることが殆どです。
その他、大腿ヘルニアが原因になることや血流障害が原因になる可能性があります。
また、内側に原因がある場合は、大腸がんによってのがん細胞の塊、硬くなった便が考えられます。
腸閉塞は場合によっては、死に直面する可能性も考えられますので、疑いのある症状が出た時には早期に病院で診察しましょう。

腸閉塞の殆どの場合は、手術以外の方法で治ります。
その方法は、食事や水を腸に入れることを止めて、胃を休めることです。
おならや便が出てしまえばスッキリして、腸の詰まりは治りますが、なぜ詰まってしまったのかをきちんと検査する必要があります。
そして、一旦治ったことにはなりますが、原因次第ではまた再発する可能性があります。

早めに気付いたら

腸閉塞は時間が経ってから受診しても、適切な処置を行えないことがあるので注意しましょう。症状がキツイと感じたら救急車を呼んで適切な処置を頼みましょう。ここでは、腸閉塞になった時の対処方法について書いています。

Read more »

治そう

腸閉塞になった場合の手術以外の治療方法は、絶飲食を行います。腸が詰まっている状態なので、お腹にこれ以上負担を掛けないようにするためです。それ以外にはチューブを注入した治療方法もあります。

Read more »

なんでなるのか

腸閉塞になる原因は意外と食事であることも考えられます。腸に詰まりやすい食品を多く摂り過ぎたり、噛まずに多く飲み込んでしまうことで発症することがあります。注意すべき食品についても紹介しています。

Read more »

生活習慣

生活習慣で腸閉塞が予防出来る可能性がありますが、それ以外にも腸閉塞を予防する方法はあります。それは、漢方薬です。漢方を処方して、手軽に腸閉塞の発症を緩和することが出来ます。

Read more »